予防次第で妊娠してもきれいなお腹でいられます

妊娠線はどうしてできるのか

妊娠線は妊娠に伴いお腹が急激に大きくなるときに、皮膚の表面だけは伸びるのにその下にある真皮や皮下組織の一部は弾力がないために断裂してしまい、その下にある毛細血管が赤く透けて見えてしまうためにお腹の表面にできる線です。特に大きな赤ちゃんを産んだ人にはできやすく出産後は白っぽく目立たなくはなりますが跡が残ります。

妊娠線は予防できます

以前は妊娠線の予防法はなく、赤ちゃんを産んだ勲章だから諦めなさいというのが一般的でしたが、現在は保湿ケアをすることによってかなり妊娠線を防ぐことが期待できるようになりました。妊婦の保湿ケアのために開発された妊娠線専用クリームやオイルは、肌に潤いを与えて柔らかい状態にして弾力性を高めて妊娠線をできにくくすることが可能になったからです。遅くとも妊娠5か月くらいからお腹の表面に専用のクリームやオイルをまんべんなく塗ってマッサージを欠かさないことが重要です。一人目の子どもの時にできなかったから大丈夫と思うのは間違いで、むしろ二人目や三人目の時にひどい妊娠線ができてしまったという人もいます。また体重が普段より12キロ以上増えると妊娠線ができやすくなるので大幅な体重増加には気を付ける必要があります。人によっては胸や太ももやお尻にもできることがありますが対処法は同じです。入念な保湿ケアと体重管理ができれば、かわいい赤ちゃんを産んだ後でも独身時代と同様のきれいな体を維持できることは間違いありません。

妊娠線予防は乾燥を防ぐことが大切なので、妊娠線のクリームを選ぶ際には保湿をしっかりとしてくれるものがよいでしょう。

Related Posts