おなかのたるみを解消したい!!産後ダイエットのポイント3つ

まずは原因を知りましょう!!

出産後のたるんだお腹に、悩んでいる方も少なくないでしょう。妊娠中、赤ちゃんの成長に合わせて膨らんだお腹の皮膚や筋肉は、出産後急激にしぼむことでお腹のたるみになってしまいます。

また、妊娠中に産道を確保するためゆるんだ骨盤が、産後もなかなか戻らないことが原因で下半身に脂肪がつきやすくなるようです。一度ゆるんだ骨盤は歪みやすく、腰痛や生理痛・冷えなどのトラブルにつながる場合があるため、注意が必要です。

焦らずに少しづつがポイント!!

産後の体型や体重を戻すためには、産後1ヵ月~6ヵ月の間が適しているといわれています。出産直後は母体も疲れており、出産の傷や痛みが残っている場合があります。そのため少なくとも産後1ヵ月程度は、しっかりと身体を休め、無理な運動などは避けましょう。

また、赤ちゃんへの母乳の影響も考え、食事制限などはせずにしっかりと栄養バランスのとれた食事を続けましょう。

どうしても産後直ぐにダイエットしたいという方は、骨盤ベルトを使ったり、低カロリー・高タンパクの食事をするのがおすすめです。

お腹のたるみには骨盤矯正がおすすめ!!

妊娠中に歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すことで、血流が改善されて基礎代謝を上げるといわれています。その結果、むくみや便秘が解消されたり、運動した際に痩せやすい体を作ることができます。

骨盤矯正やヨガ・ストレッチで骨盤の位置を整えつつ、筋肉を動かすことを意識して、お腹のたるみを改善しましょう。最初は普段の姿勢に気をつけるだけでも、筋肉が引き伸ばされ効果が期待できるのでおすすめです。

産後ダイエットとは、出産後体重が増えた女性が、出産によって開いた骨盤を元に戻そうと骨盤矯正を行ったり、エクササイズを取り入れて、元の体重、もしくはそれ以上に減量を行うことです。

Related Posts