日焼けをする場合は注意!日焼けと脱毛の関係性!

レーザー脱毛の際は、日焼けは厳禁!

レーザ脱毛をしている時は、日焼けを避ける必要があります。何故なら、脱毛効果が落ちるだけでなく施術中に痛みを感じやすいからです。また、肌トラブルの原因にもなります。レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応して脱毛する方法です。日焼けでメラニン色素が増えた状態だと、必要以上に反応してしまい効果が落ちてしまいます。焼けた肌は水分が少なく乾燥した状態なので、照射熱による痛みを感じやすいのです。また、火傷のような炎症が起きているので、痒みや発赤の肌トラブルが起こる可能性もあります。

日焼けをしてしまったら一度中断しよう!

日焼けをしてしまうと、レーザー脱毛施術を一度中断した方がいいでしょう。日焼けをした肌は炎症が起きている可能性があるので、無理に施術をすると肌トラブルが出てしまうのです。日焼けをしたとわかる状態の場合は、約2ヶ月~3ヶ月程度は施術を控えます。その間はさらに日焼けをしないように心掛け、肌を回復させる生活習慣にするといいでしょう。日焼けをした直後は、まず保冷剤やシャワーで冷やします。炎症が広がらないために、日焼け止めをすぐに落とすことも大切です。その後、化粧水をしっかりとつけるようにしましょう。美白効果のあるビタミンC配合化粧水を使用するのもおすすめです。

日焼けをした肌でもできる脱毛とは?

日焼けをした肌でも可能な脱毛機器があります。メラニン色素ではなく毛周期に合わせて、毛包にアプローチする方法です。これなら、日焼けをした肌や産毛などレーザー脱毛では避けたい場所でも脱毛できます。また、痛みが少ないことが特徴です。

医療脱毛を千葉で行うには美容クリニックや美容皮膚科などがあります。年会費無料や初診料がかからないなど、料金設定は異なります。

Related Posts