酵素を摂取すると痩せられるのはどうして?

まずは酵素の働きを知ろう!

酵素には、食べ物を消化したり内臓を動かす助けをしたりする役割があります。これらの酵素は消化酵素と代謝酵素と呼ばれ、2つ合わせて潜在酵素といいます。酵素にはたくさんの種類があり、1つの酵素につき1つの動きしか出来ません。また潜在酵素の量には限度があり、消化酵素から使用されて残りが代謝酵素に回されるという決まりがあります。

酵素ダイエットは、外部から酵素を摂取して代謝に回せる酵素の量を増やすことにより、痩せやすくするという方法です。痩せるためには摂取カロリーより消費カロリーを多くする必要があります。代謝に使える酵素を増やすことで、基礎代謝を高くすることが出来ます。それによりダイエットが可能になるのです。

酵素は熱に弱い性質を持っている

外部から酵素を摂取する方法は、野菜やフルーツから摂取する方法と、酵素ドリンクやサプリメントから摂取する方法があります。どちらの方法を取るにしても、加熱処理した物では酵素の力を十分に発揮することが難しいのです。なぜなら酵素は熱に弱い性質を持っているからです。酵素はタンパク質から形成されています。そのため、熱が加えられ過ぎると形が変わってしまうのです。酵素を摂取するときは、なるべく加熱処理されていない物を選ぶようにしましょう。

酵素自体にカロリーはありませんが、野菜やフルーツ、酵素ドリンクにはカロリーがあります。酵素を摂取しているからと安心して食べ過ぎてしまっては痩せることは難しいです。したがって、酵素ダイエットはある程度の食事制限が必要になります。

酵素ダイエットはカロリーを抑えながら代謝を促すダイエット方法で健康的で綺麗に体重を落とす事ができます。

Related Posts